目次へ


リンク

音楽仲間
 上尾 直毅
 
チェンバリスト。デン・ハーグに留学していた頃から、その才能は際立っていました。レ・ボレアードではコンティヌオのみならずミュゼットでも出演。
 大塚 直哉 山梨古楽コンクールの審査員をした時から注目していました。いま日本で一番多忙なチェンバ・リスト? レ・ボレアードのコンティヌオで何回か出演していただきました。
 懸田 貴嗣 将来有望な若手バロック・チェリスト。
 鈴木 秀美
  
いうまでもなく日本を代表するバロック・チェリスト、指揮者。
もう30年来の旧知の仲です。
 ダウランド アンド カンパニー リュート奏者 つのだたかし さんの会社(?)
 ダリオ・ポニッスィ 俳優、ダンサー、演出家、イタリア語教師・・・八面六臂の活躍をしているダリオさんとは、05年冬にヴィヴァルディ《四季》で初共演しました。
 ディミトリー・バディアロフ ヴァイオリン製作家兼ヴァイオリニスト。元ミト・デラルコの第二ヴァイオリン奏者。いま最もホットな楽器‘ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ’を製作していただきました。
 バッハ・コレギウム・ジャパン
 
鈴木 雅明氏主宰。日本を代表するバロック・オーケストラ&合唱&バッハ演奏団体。最近ではアメリカ、ヨーロッパのツアーなどに参加させていただいています。
 フィリップ・クイケン ガンバの巨匠、ヴィーラント・クイケンの息子さん。ヴァイオリン作製家。日本在住。
 VIVA! Bach Collegium Japan バッハ・コレギウム・ジャパンの応援サイト。
 前田 りり子
 
フラウト・トラヴェルソ奏者の若手第一人者。レ・ボレアードでももちろんお世話になっていますが、OLC、BCJなど日本のバロック・オーケストラでは欠かせない存在です。
 ラ・プティット・バンド 留学初期、1986年以来参加しているヨーロッパの老舗バロック・オーケストラ。シギスヴァルト・クイケン主宰。
 松本伸弦楽器工房
 AVANTI
 イル・ガルデリーノ ベルギーで参加しているアンサンブル・グループ
 チェンバロ漫遊日記 チェンバロを始めフォルテピアノ、クラヴィコードなど古楽器を中心に活動する調律師・梅岡楽器サービス・梅岡俊彦から見た舞台裏あれこれ。
福岡古楽音楽祭、北とぴあ国際音楽祭のレポートも満載!
 大内山薫の
 バロック・ヴァイオリン日記
デン・ハーグで2年間教えた愛弟子です!!
大内山薫をよろしくお願いします。
         
 森麻季
 オフィシャル・ウェブサイト
今もっとも輝いているソプラノ。ますますバロックにも磨きがかかってきました。
共演したヘンデルのCD、是非お聴き下さい!
 


会場 / マネージメント / 協会
 池上實相寺(じっそうじ) ミト・デラルコの試演会をさせていただいたり、練習場として使わせていただいたり、色々わがままを言ってお世話になっています。文楽や落語などの催しもある楽しいお寺です。
 東京文化会館
 トッパンホール
 
 浜離宮朝日ホール
 
 北区文化振興財団/北とぴあ 1994年からほぼ毎年、北とぴあ国際音楽祭でバロック・オペラ、モーツァルトなどを演奏してきました。2000年からは記念事業となり、2004年まで音楽監督を務めさせていただきました。2013年はモーツァルト《フィガロの結婚》!
 水戸芸術館
 
オリジナル楽器による弦楽四重奏団‘ミト・デラルコ’が所属していたホールです。
 オフィスアルシュ 古楽系のアーティストを中心にコンサートマネジメントを行っている事務所。
 十八世紀古楽音楽祭協会
 
有田正広氏が音楽監督、陶芸家の中里隆氏が理事長の
音楽祭。定期的に出演しています。オーケストラ、室内楽、
マスタークラスと出演者はめっぽう忙しいが、中身の濃い音楽祭です。
 日本モーツァルト協会 会員全員にケッヘル番号が付いているという、日本でも歴史
の長い団体です。北とぴあでの「レ・ボレアード」公演でモー
ツァルトを取り上げた時には多くのサポートをいただきました。
 ボリビア日系協会連合会 
 
僕は4歳までサンフアン・デ・ヤパカニ日本人移住地に住んでいました。‘サンフアン日ボ協会(機関紙:ABJ通信)’をはじめボリビアの日系団体の事が分かるホームページです。昨年訪れた際、サンフアン日ボ協会の有志の方々がお食事会を催してくださいました。
 もりおか啄木・賢治青春館
 オレンジノート
   
2009年9月より所属アーティストとなりました。宜しくお願いいたします。
  ノワ・アコルデ
非営利団体
ACT FOR JAPAN.BE
  
主にベルギーで活動している、アーティストや専門家が集まり、日本復興のための活動を行っています。


レコード会社
 エイベックス 波多野 睦美さんと‘ひとときの音楽’を録音しました。
 コジマ録音 北とぴあ国際音楽祭記念事業コンサートのライヴ録音をリリースしています。
 日本コロムビア/デンオン ソロ、室内楽、協奏曲など多くの録音をしてきました。
 FLORA インターネット販売のみのCDレーベル


出版
  アントレ 日本で唯一の古楽情報誌。CDレーベルもあり、日本の古楽演奏家の支えともなっています。
 音楽の友社 ‘音楽の友’‘レコード芸術’等、お世話になっています。
 ぶらあぼ
 dancyu 愛読書です。
 ポプラビーチ  ポプラ社一般書チームがおくる、デイリーwebマガジン
「志事人」寺神戸亮(#15)のインタビュー記事が記載されました。北とぴあ国際音楽祭2007《オルフェーオ》で共演した、メゾソプラノ:波多野睦美さん[女の使者/希望](#13)美術家:望月通陽さん[衣装](#16)のインタビュー記事もあります。
 サラサーテ  すべての弦楽器ファンに贈る、弦楽器マガジン
Vol.19〜39 「寺神戸亮のバロック散歩」 連載いたしました。
 スタジオクリッパー
古楽情報誌‘アントレ’の表紙の絵を描いていた画家・山田恵子さんです。その精妙なタッチは、まるで本物がそこにあるかのよう。私が以前使用していたヴァイオリンも画題になりました。


             目次へ