目次へ

てらかど りょう
寺神戸 亮   ヴァイオリン・指揮

1961年ボリヴィア生まれ。桐朋学園付属子供のための音楽教室、桐朋学園大学付属音楽高校を経て桐朋学園大学に学び、ヴァイオリンを久保田良作氏、室内楽を三善晃氏、安田謙一郎氏等に師事。在学中1983年に日本音楽コンクール第3位入賞、1984年同大学を首席で卒業すると同時に、<東京フィルハーモニー交響楽団>にコンサートマスターとして入団(当時、最年少)。しかし、在学中より興味を抱いており、有田正広氏等と演奏活動も始めていたオリジナル楽器によるバロック演奏に専心するために1986年に同団を休団(後に退団)、オランダのデン・ハーグ王立音楽院に留学、シギスヴァルト・クイケンのもと研鑽を積んだ。同院在学中から演奏活動を始めると、直ちにその才能は広く認められるところとなり、<レザール・フロリサン>(フランス)、<シャペル・ロワイヤル>(フランス)、<コレギウム・ヴォカーレ・ゲント>(ベルギー)、<ラ・プティット・バンド>(ベルギー)などヨーロッパを代表する古楽器アンサンブルやオーケストラのコンサートマスターを務めた。

その資質は日本でも披露され、1991<レザール・フロリサン>公演、1992199419972005年の<クイケン・アンサンブル>公演での共演、自ら主宰する<トウキョウ・バロック>公演、199310月初来日を果たしたシギスヴァルト・クイケン率いる<ラ・プティット・バンド>、鈴木雅明率いる<バッハ・コレギウム・ジャパン>のコンサートマスターとしての充実した仕事など、アンサンブル奏者、リーダーとして優れた資質を発揮している。1999~2008年まで弦楽四重奏団<ミト・デラルコ>(水戸芸術館所属)の第1ヴァイオリン奏者として、古典派、初期ロマン派の弦楽四重奏曲を演奏した。他に独奏やアンサンブルで初期バロックから後期ロマン派、印象派に至るまで、幅の広い活動を行っている。

ソリストとしては<ラ・プティット・バンド><レザール・フロリサン><バッハ・コレギウム・ジャパン><東京バッハ・モーツァルト・オーケストラ(有田正広主宰)><アルテ・デイ・ソナトーリ>(ポーランド)などと協奏曲を共演。また、19942月と19965月の『バロック・ヴァイオリン・リサイタル』は各紙で絶賛され、定期的に行っているリサイタルも好評を博している。最近ではガット弦を用いたヴァイオリン(ヴィオラ)と、歴史的ピアノとの共演でブラームスのヴィオラ・ソナタや、イザイ、フォーレ、フランク、ショーソンなど後期ロマン派、フランキストのコンサートを行ったことは記憶に新しい。2006年からは、最近復元された珍しい楽器ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを用いた演奏活動も精力的に行っている。

『第1回北とぴあ国際音楽祭 '95』において、パーセルの《ダイドーとエネアス》で指揮者デビュー。以後、同フェスティバルではラモーやモーツァルトなど、フランス・バロックとモーツァルトの作品を中心に公演し、日本で最もバロック・オペラに精通した貴重な存在として注目を集めている。海外での指揮活動も始め、益々その活動の幅を拡げている。

録音も活発で、デンオン・アリアーレ・シリーズからルクレール《ヴァイオリン・ソナタ集》で初ソロCDをリリースして以来、ヘンデル、ビーバーなどの録音を次々にリリース。特にコレッリ《ヴァイオリン・ソナタ集》(1995)、モーツァルト《ヴァイオリン協奏曲第3番、他》(1996)、《ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラによる J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲》(2008年)はレコード・アカデミー賞を受賞、バッハ《無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ》(2000年)、テレマン《無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア》(2011年)は芸術祭優秀作品賞を受賞するなど、いずれも好評を博している。

エリザベート・コンクール入賞で、最近ではフォルテピアノのスペシャリストとして知られるボヤン・ヴォデニチャロフと長年デュオを組んでおり、ベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ全曲を収録完成させた他、2009年モーツァルトのヴァイオリン・ソナタをリリースし、話題を集めている。
また、コジマ録音からは10年来の北とぴあ国際音楽祭とその記念事業の業績を踏まえ、ライブ録音でのCDを発表している。海外では、フランス・ハルモニア・ムンディ、リチェルカーレ、などに録音があるが、最近ではベルギーのアクサン・レーベルに<イル・ガルデリーノ>とともに室内楽、協奏曲集などを録音している。


現在、デン・ハーグ王立音楽院にて後進の指導にあたっている。また、ブリュッセル王立音楽院、東京芸術大学、福岡古楽音楽祭等に招かれ、マスタークラスやオーケストラ指導なども行っている。
2007度より桐朋学園大学の特任教授に就任。

ベルギー、ブリュッセル在住。

                                                                               2013.02.08現在




Les Boréades
 レ・ボレアード
(オリジナル楽器使用オーケストラ)  

                ⒸK.Miura
1995年第1回北とぴあ国際音楽祭でパーセルのオペラ《ダイドーとエネアス》を上演の際に集まったオーケストラと合唱が大成功を収め、一度きりでの解散を惜しむ声があったのに応え、1997年第3回北とぴあ国際音楽祭より‘レ・ボレアード’の名称で本格的に活動を開始。

指揮の寺神戸亮をはじめとして、古楽のスペシャリストが集結した日本有数のオリジナル楽器オーケストラ
(*)として、北とぴあ国際音楽祭とその記念事業において数々の注目作品を上演。

2005年からはを会場を外に移しての公演も行うようになり、室内楽作品や寺神戸亮が最も敬愛する作曲家の一人モーツァルトの作品にも意欲的に取り組んでいる。

(*)オリジナル楽器(作曲当時の状態に復元した楽器)を用い、楽器だけでなく作曲家、またその当時の歴史的背景にも深い研究を重ね、現代の発想も交えて演奏することで、より生き生きと、作品の持っている本質に迫った演奏ができる特徴がある。

‘レ・ボレアード’は、ギリシャ神話に登場する<北風の神々>から命名。文化の風を吹き起そうというメッセージが込められている。

寺神戸 亮 & レ・ボレアード 公演履歴   2013.02.08現在

1995年10月 第1回北とぴあ国際音楽祭
パーセル
オペラ《ダイドーとエネアス》
北とぴあ国際音楽祭祝祭管弦楽団の指揮者として公演。
[音楽の友]のコンサート・ベストテン上位。
1996年10月 第2回北とぴあ国際音楽祭
ラモー
アクト・ド・バレ《ピグマリオン》
寺神戸の弾き振り、バロック・バレエの第一人者ナタリー・ヴァン・パリスの振り付けによる、バレエ付きの本格的な上演。
[音楽の友]のコンサート・ベストテン上位。
1997年11月 第3回北とぴあ国際音楽祭
オープニング・コンサート
モーツァルト・プログラム

北とぴあ国際音楽祭祝祭管弦楽団が‘レ・ボレアード’としてデビュー。
交響曲 第29番 イ長調 KV.201(186a)
ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 KV.219<トルコ風>
歌劇『イドメネオ』 KV.366より序曲
歌劇『イドメネオ』のバレエ音楽 KV.367
1998年11月 第4回北とぴあ国際音楽祭
ルベル
《四大元素》
ナタリー・ヴァン・パリスの振り付け、舞踊付き公演。
2000年12月 北とぴあ国際音楽祭記念事業
ラモー
オペラ・バレエ《エベの祭典》
◆1・2日
ナタリー・ヴァン・パリスのバロック・ダンスと共に、ラモーの傑作を華麗な舞台で上演。本邦初演。
2001年11月 北とぴあ国際音楽祭記念事業
ラモー
オペラ《レ・ボレアード》
北とぴあ国際音楽祭記念事業の音楽監督に就任。フランス・バロックとモーツァルトを軸に、新たな音楽祭の展開を目指した。

◆23日
名前の由来となったラモー最後の傑作《レ・ボレアード》を上演

◆24日
『フランス室内楽とカンタータの夕べ ~悲劇の中の女たち~』
ヴェルサイユに集まったコープランやマレなどの音楽家たちを彷彿とさせる、寺神戸亮とその仲間たちをバックに、愛する男から裏切られた悲劇の女性をアニエス・メロンが熱唱。
2002年11月 北とぴあ国際音楽祭記念事業
モーツァルト・プログラム
◆15・16日
『モーツァルティッシモ ~モーツァルト自身の企画による~』
1783年3月23日モーツァルトがウィーンの寵児となるきっかけを作ったブルク劇場のコンサート・プログラムを再現。

CD『モーツァルティッシモ!!』(ライブ録音)[コジマ録音]   
2003年11月 北とぴあ国際音楽祭記念事業
ラモー
オペラ《イポリートとアリシ》
◆7・8日
フランス・バロック・オペラの巨匠ラモーのオペラ処女作であり出世作を本邦初演。
2004年11月 北とぴあ国際音楽祭記念事業
モーツァルト
オペラ《イドメネオ》
◆12・13日
モーツァルトが初めて台本制作にまで深く関与した《イドメネオ》を演奏会形式で上演。
CD『イドメネオ』(ライブ録音)[コジマ録音]  
2005年3月 浜離宮ホール
ひとときの音楽~バロックの美しい歌
共演:波多野睦美(メゾ・ソプラノ)

◆8日
CD『ひとときの音楽』の収録と、公演。
CD『ひとときの音楽』[エイベックス]  
2005年12月 北とぴあ国際音楽祭記念事業
モーツァルト&ヴィヴァルディ
北とぴあ国際音楽祭記念事業の一区切りという気持ちで、モーツァルトの最晩年の傑作《レクイエム》を指揮。そしてヴィヴァルディの超名曲《四季》では自らヴェイオリン・ソロを演奏。

◆2日:
モーツァルト《レクイエム》
区民参加の視点と採り入れ、合唱団にはアマチュアを採用し、プロのレ・ボレアード合唱団との合同で演奏。

◆4日:ヴィヴァルディ《四季》
ダリオ・ポニッスィがイタリア語と日本語で朗読し、演技とパントマイムで共演。
18世紀風の演奏会スタイルを用い、各シーズン(季節)の間に他の曲を挟み、クラリネットの全身シャリュモーといった珍しい楽器も登場。
2005年12月 王子ホール
バロックの歌~女王たちのアリア
共演:波多野睦美(メゾ・ソプラノ)

◆8日
パーセル『ダイドーとエネアス』からの抜粋を、波多野睦美が女王と魔女の一人二役で好演。
パーセル:嘆きの歌/聴け!すべてのものが(『妖精の女王』より)
チェスティ:いとしい人のまわりを(『オロンテア』より、王女オロンテアのアリア)
モンテヴェルディ:さらばローマ(『ポッペアの戴冠』より、皇后オッターヴィアのアリア)

パーセル:私が横たえられる時(女王ダイドーの嘆き)、われわれの策略は(魔女たちの歌)ほか、
                               (
『ダイドーとエネアス』より)
2006年5月 トッパンホール
共演:
アンドレアス・シュタイアー
            (フォルテピアノ)
◆9日
ハイドン:ピアノ協奏曲 ニ長調 Hob.ⅩⅧ-11
モーツァルト:交響曲 第33番 変ロ長調 KV.319
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第9番 変ホ長調 KV.271<ジュノム>
2006年10月 東京文化会館小ホール
共演:
大井浩明(フォルテピアノ)
◆24・25日
オール・モーツァルト・プログラム
セレナーデ 第7番 ニ長調 KV.250(248b)
ピアノ協奏曲 第17番 ト長調 KV.453
グラスハーモニカのためのアダージョ KV.356
グラスハーモニカとオーボエヴィオラ、チェロのためのアダージョとロンド KV.617
2006年12月 北とぴあ国際音楽祭2006
ハイドン
オペラ《月の世界》
◆1・2日
実相寺昭雄と三浦安浩による演出。
古楽器での上演は日本初、本格原語上演。
2007年10月 東京文化会館小ホール
独奏:
寺神戸亮(ヴァイオリン)
◆29・30日
オール・モーツァルト・プログラム
交響曲 変ホ長調 KV.184(166a)
ヴァイオリン協奏曲 変ロ長調 KV.207
マーチ KV.237(189c)
セレナーデ ニ長調 KV.203(189bb)
CD『寺神戸亮&レ・ボレアード~LIVE!~』(ライブ録音)[コジマ録音]  
2007年11月 北とぴあ国際音楽祭2007
モンテヴェルディ
オペラ《オルフェーオ》
◆15・17日
野村四郎と笠井賢一による、能の様式を採り入れた演出と、モンテヴェルディが指定した楽器をほぼ取り揃えた楽器編成で上演。
第6回 佐川吉男音楽賞受賞公演
2007年7月
モーツァルト
ミサ曲 ハ短調

共演:懸田奈緒子(ソプラノ)
    波多野睦美(メゾ・ソプラノ)
    鈴木准(テノール)
    小笠原美敬(バス)

◆2日
合唱団にはオーディションを経て集まったメンバーと、坂本徹指揮MATとの合同で演奏。
オール・モーツァルト・プログラム
アヴェ・ヴェルム・コルプス ニ長調 KV.618
アダージョとフーガ ハ短調 KV.546
主の御母、聖マリア ヘ長調 KV.273
ミサ曲 ハ短調 KV.427(

*6/30(月)日本モーツァルト協会500回記念例会(於:東京カテドラル聖マリア大聖堂)
2008年10月 北とぴあ国際音楽祭2008
ハイドン
オペラ《騎士オルランド》
◆23・25日
粟国淳による演出。
1782年に初演された英雄喜劇、ハイドンのオペラの中でも最高傑作の一つとされた作品の、日本初、本格原語上演。
2009年9月 紀尾井ホール
独奏:寺神戸亮(ヴァイオリン)
    ディミトリ・バディアロフ
     (ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ)
    有田正広(フルート)
   

◆14日
オール・ヴィヴァルディ・プログラム
2つのチェロのための協奏曲 ト短調 RV.531(ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラによる)
フルート協奏曲 第2番 ト短調 RV.439「夜」
フルート協奏曲 第3番 ニ長調 RV.428「五色ひわ」
協奏曲集『和声と創意の試み』Op.8より「四季」
試みとして通奏低音にヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを用いて演奏。

2009年11月 北とぴあ国際音楽祭2009
グルック
オペラ・コミック
《思いがけないめぐり会い、
             
またはメッカの巡礼》
◆13・15日
飯塚励生による演出。
2009年12月
麗しき瞳よ~ヘンデル・アリア集
共演:森麻季(ソプラノ)

◆9月サラマンカホールにて収録
◆12月2日
CD発売
CD『麗しき瞳よ』[エイベックス]  
2010年10月
日本モーツァルト協会公演
<ヨハン・ゼバスティアン・バッハ賛>

寺神戸亮&レ・ボレアード、上尾直毅
◆10日
J.S.バッハのクラヴィーア作品を手本に、モーツァルトが弦楽奏に編曲した作品を並べる企画。
モーツァルト □弦楽四重奏曲 ニ短調 K173
モーツァルト
J.S.バッハ
□弦楽四重奏のためのフーガ K405-1 ハ短調
○平均律クラヴィーア曲集第2巻 第2番 ハ短調 BWV871
J.S.バッハ
モーツァルト
○平均律クラヴィーア曲集第2巻 第7番 変ホ長調 BWV876
                                プレリュード
□弦楽四重奏のためのフーガ K405-3 ホ長調
モーツァルト
J.S.バッハ
□弦楽三重奏のためのアダージョとフーガ 第2番 ト短調 K404a-2
○平均律クラヴィーア曲集第2巻 第14番 嬰ヘ短調 BWV883
モーツァルト □弦楽四重奏のためのフーガ K405-4 ニ短調
J.S.バッハ
モーツァルト
○平均律クラヴィーア曲集第2巻 第5番 ニ長調 BWV874
□弦楽四重奏のためのフーガ K405-5 ニ長調
モーツァルト □弦楽のためのアダージョとフーガ ハ短調 K546

2011年11月 北とぴあ国際音楽祭2011
モーツァルト
歌劇《コジ・ファン・トゥッテ
◆11・13日
演奏会形式にて上演
2012年11月 北とぴあ国際音楽祭2012
シャルパンティエ
音楽付きコメディ《病は気から
◆23・25日
セミ・ステージ形式にて上演。
SPAC-静岡県舞台芸術センターの協力、宮城總による演出。

                                                                                    ⒸK.Miura

   目次へ